満足できるリノベーションにするために

人とペットにやさしい中古物件を探すには?

リノベーションする物件について、築年数によりますが建物のベースとなる柱の傷み具合や配管などとくに見えない部分は事前に専門家に調べてもらいましょう。
調査費用はかかりますが、見えない部分も含めて素人による判断が難しく傷みが激しい場合はその部分の改修工事費用が上乗せされることになり、何のためのリノベーションかわからなくなってしまいます。
ペットと一緒に快適に暮らすには、家の中の環境を整えるだけでは成り立ちません。
ご近所のペット事情も不動産屋を通じて、または現場へ行って自分の目で確かめたほうがよいでしょう。
周囲に安全な散歩コースや公園があるとか、予防接種や病気になったときに駆け込める範囲に動物病院があり、ペットショップにアクセスしやすいかどうかも中古物件を選ぶ際には気にしておきたい部分です。

リノベーションを勉強しよう

検索してみると、リノベーションの会社がたくさん出てきます。
比較サイトもあるのですが、実際に選ぶときはやはり希望しているリノベーションの内容で予算がどれくらいかかるのかを知りたいのが本音です。
実例の写真を見ても、どんな材料が使われているのか見えない部分の工事はどうしたのかを見ることはその会社が公開していない限り難しいのです。
中古物件を購入しリノベーションする場合は、さらに難しさのハードルが上がります。
壁の中や床下の現状はある程度は調べられても、工事に取りかかってから問題がわかることもあり費用が足りなくて満足できるものにならなかったという例も多いようです。
家を建てるときと同様、見積もりを数カ所で取ることが相場を知る手段になります。
後悔しないためにもリノベーション会社が行っている勉強会などに積極的に参加して情報を集めるようにしましょう。


▲ TOPへ戻る