ペットといっしょに住みたい!我が家もできる?リノベーション

リノベーションでできることは?

リフォームだけでは物足りなくて、間取りや水回りの位置を変え、新築時のときにできなかったこだわりを詰め込んで住みやすい家にしたいと考えている人にぴったりなのがリノベーションです。
建物の種類や構造上でできることの内容が違います。
木造と鉄筋コンクリートのマンションで共通してできるのは、間取りと水回りの変更です。
マンションの水回りは配管ができるスペースに限りがあるのでその範囲内で行えます。
木造では、階段の場所は建築確認申請を出すと変更できます。
間取りは通し柱など耐震に必要な柱に影響がなければ可能です。
窓の増減、駐車場のための減築、二階建てから平屋へ変更することができます。
鉄筋コンクリートのマンションでは、床材の変更や設備の増設が共有スペースに影響が出ない範囲でリノベーションできます。

できないこともあるリノベーションって?

木造でも鉄筋コンクリートのマンションでも、リノベーションでできないことがあります。
どちらにも共通するのが、構造上建物を支える通し柱や壁は撤去できません。
大事な部分をなくしてしまうと建物の歪みの原因になるほか耐震力が失われます。
共用部分が多いマンションでは、水回りの大幅な場所の変更や部屋の天井や壁、ベランダ部分は許可が下りにくく工事等が難しいといわれています。
木造では構造上問題が発生するような増築や、建ぺい率を超えたリノベーションは当然ですが認められません。
法律や構造上に問題のない範囲でのリノベーションをするには、リフォームやリノベーションを得意とする専門業者へお願いしたいのですが、素人判断でどこがいいのか見分けるには難しく依頼する私たちも、ある程度勉強しなければならないようです。


▲ TOPへ戻る