ペットといっしょに住みたい!我が家もできる?リノベーション

どんな家だとリノベーションできるのか? 法律のこと、家の構造やマンションの共用部分、いろんな条件でできること、できないことがあります。 木造住宅や鉄筋コンクリートのマンションを例に調べてみました。 先に建物の現状を知ることがリノベーションの第一歩になるようです。

いい会社はリノベーションできる範囲を教えてくれる

自分の理想のリノベーションにするには、お部屋や設備をどうしたいのか?イメージをはっきり会社へ伝えることが大切です。 何でもこちらの「してほしいこと」を聞いてくれる会社がいい会社ではありません。 私たちが納得できる、相性の良いリノベーション会社を見つけましょう。

満足できるリノベーションにするために

中古物件を探すとき、何を基準にして探しますか。 家の築年数、周辺の環境や利便性、ペットが一緒なら人にもペットにもやさしい環境を探すのではないでしょうか。 リノベーションを考えたときに家に対して私たちができることは現状を知ること、リノベーションの内容に理解を深めておくことだと思います。

家のリノベーションは現状を知ることから始めよう

築年数が経った家を大規模な工事で現状回復ではなく新築時より機能性を向上させ、さらに住みやすく工夫することをリノベーションといいます。
リノベーションする理由を考えてみると、気に入ったエリアがあるけど新築では手が届かないので中古で住みやすい家にしたい、または住み慣れた家を住む人の年齢に合わせた間取りにしたり、ペットと一緒に暮らすために世話がしやすい環境、機能性を高めたいなどがあると思います。
今回はいろんな理由の中から、ペットと一緒に住むためのリノベーションに注目してみたいと思います。
人にとって住みよい家とは、ただ新しい設備を取り入れるだけではなく、住む人とペットと人の住み分け、お互いが尊重し合える環境が成り立つ家ではないでしょうか。
長年住み慣れた家をリノベーションする場合は、その地域から離れたくないという理由もあるでしょう。
人が住み慣れた土地を離れたくないように、ペットも心境は同じだと思うのです。
環境が急に変われば、人はストレスを溜めるようにペットにもストレスが溜まるのです。
これまで不便だと思っている部分を改善し、ペットに必要な場所などを含めたリノベーションを目指していきましょう。
ペットと人に快適な家にするには、部屋の掃除がしやすくペットにもホッとできる場所があるということ、人とペットの両方の安全が守れること等が挙げられます。
リノベーションでは新築に近い家にすることができますが、条件次第でできるかどうかが変わります。
これからリフォームにするかリノベーションにするのかを迷っている方へ、ペットと快適な暮らしを実現するためにリノベーションのメリットや注意点をみていきましょう。

▲ TOPへ戻る